« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ピティナ・ピアノステップ

今日は、先日ご紹介したピティナのピアノステップでした。
生徒さんが1人出演したので、応援に行ってきました

今回の会場は、聖徳学園中高等学校の音楽室でした。
ホールと違って、スポットライトも無いし音響も普通。
かなりアットホームな雰囲気でした。

途中から行ったので、高校生以上の演奏しか聴きませんでしたが・・・
弾き語りやジャズ、連弾など、ジャンルにとらわれない面白いプログラムでした。

参加者も、音高生・音大生、大人から始めた初心者、音大卒業生と思われる人と、
実に幅広いレベルの人が集っていました。
皆さん一生懸命演奏しているのが伝わってきて、とても良かったです

出演したIさん、本当にお疲れ様でした。
練習期間の少ない中、とても頑張ったと思います。
今回出演を見送った皆様も、いずれぜひ挑戦してみてくださいね。

ちなみに、6/28に、つくば地区でのステップも開催されるようです。
会場はアルスホールです。
参加を希望される方がいらっしゃいましたら、申し出てください。

ところで、昨日、毎年笠間で開催されているクールシュベール音楽祭に行ってきました。
この音楽祭は3/21~31の10日間にわたって開催されています。
この期間に、世界からハイレベルな講師が集い、ハイレベルな生徒がレッスンを受けるという、非常にハイレベルな公開レッスンが行われます
それを聴きに行く人は、ほぼ音楽関係者だと思われます。
また、講師や受講生によるコンサート、講演会などもあります。

私が聴きに行ったのは、西原稔さんの講演会(無料!)です。
内容は、「ベートーヴェンの名曲と女性」について。
ベートーヴェンの生きた時代の事や、女性関係についていろいろ聞いてきました。
「不滅の恋人」が誰なのか、「エリーゼのために」のエリーゼはどんな人か、とか。
週刊誌のようなどうでもいいネタですが・・・面白かったです

ちなみにエリーゼの本名はテレーゼです。
ベートーヴェンが40歳の時に、18歳の彼女にプロポーズして・・・
フラれちゃいました。

その二年後、「不滅の恋人」が登場します。
彼の遺品から、宛先不明の三通のラブレターが発見されたそうです。
この手紙、2日間で書かれています。
同じ日の昼と夜に一通ずつ、翌日の朝にまた一通。
かなり恋しちゃっていますね。
相手が誰なのかというのは研究家の間でも意見が分かれ、アントーニオ・ブレンターノ(人妻)が最有力候補ですが、まだ確定には至っていないようです。

でもこの手紙・・・宛先も不明だし、相手に出したのか出さなかったのかすら不明です。謎だらけです。
なんにしても、死後とはいえ、熱烈な恋文を世界中に公開されちゃうのって・・・
プライバシーも何も無いですね。。
ちょっと可哀想・・・

とにかくベートーヴェンは、自分のピアノの生徒である貴族の女性たちと身分違いの恋をしては、実らず・・・という繰り返しだったようです。
恋多き人生だけど、結婚には至らず、生涯独身でした。
彼はイケメンでは無いし、気難しい変人だったみたいですが・・・
それでも才能ある男性ですから、結構もてていたみたいです

なかなか興味深く、面白い講演でした。
配布された資料に、ベートーヴェンが恋した女性の肖像画が載っていたので、興味のある方にはお見せします。
皆さん美人です。彼はきっと面食いです。

さて、今日のオススメの一曲は、ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」。
この曲は、ベートーヴェンが恋した女性ジュリエッタ・グィッチャルディに捧げられました。
彼女はこの難曲を弾きこなせたのでしょうか・・・?
一楽章と三楽章を、名手ケンプの演奏でお楽しみ下さい。

一楽章
http://www.youtube.com/watch?v=O6txOvK-mAk
三楽章
http://www.youtube.com/watch?v=oqSulR9Fymg

| | コメント (0)

奥日光

だいぶ暖かくなり、風も強く・・・
春ですね~
暖かい日差しを浴びると、なんだか元気になります。

昨日、調律をしてもらって、うちのピアノも絶好調。
冬は暖房を入れるので、気温差でだいぶ音が狂っていました。
皆様にもご迷惑をおかけしていましたが、やっと快適になりました
そして、音質をまろやかにしてもらったので、違うピアノになったみたい・・・。
同じピアノでも、調律でかなり音色が変わるんだなと実感しています。

ところで、先週末、奥日光に行って来ました。
今年は暖冬ということで、雪は無いかもしれないなと思っていたのですが・・・
奥日光はすごく寒くて、雪が降り積もっていました。。
念願の雪見温泉ができて、すご~く気持ちよかったです

激安宿のおおるり山荘ですが、温泉はとっても良かったです
源泉に近く、硫黄の匂いが強く、濁り湯でとても効きそう。
ちょっとお肌がピリピリする感じがしました。
体はぽかぽか、お肌はつるつるに

露天風呂は、昼間は良い湯加減でしたが、夜はかなりぬるくて長居できない状態になっていました。
湖が凍るくらいの寒さなので、当たり前ですが

それでも、楽しみにしていた雪祭りは終わってしまっていました
氷の彫刻やかまくらは、雨で一週間もたずに溶けてしまったそうで・・・。
作る方は、並々ならぬ苦労があったようです。

松戸からバスで送迎してもらったのですが、
なんと三台のバスがお客さんでいっぱい
おおるりグループの宿は各地にあり、出発地も分かれています。
出発地が同じ人たちが全員乗り込み、途中から目的地別にバスを乗り換えて分かれていくシステムでした。
奥日光チームはいろは坂を越えるため、小さめの狭いバスに乗り換えました。

いろは坂の雪景色はとても綺麗だったし、戦場ヶ原も良かったです。
宿は「湯の湖」の目の前で、部屋からの眺めが素敵でした。

Heyakara_4    

外は若干吹雪いていましたが、負けずに散策。
近くには温泉寺や温泉神社がありました。
温泉寺には温泉があって、入浴もできるそうです。

Onsenji_2

すぐ横が源泉で、硫黄の匂いの湯気が立ち上っていました。
Gensen_2

温泉神社の方は、入口で挫折。
山の上にあり、そこに続く階段が雪で埋まっていて、進めませんでした。

その後、湯の湖周辺を散歩していたら、スキー場に迷い込みました。
奥日光にもスキー場があったんですね。

Yunoko

平日だったし、雪も降っているしで、外を歩いている人はほとんど見かけませんでした。
私も寒さに負けて、夕方には宿に戻り、お風呂で温まりました。

夕食は、5時半から。かなり早めです。
館内放送で広い宴会場に集められ、司会の人が現れてご挨拶。
希望者はカラオケが歌えるとのことで、年配のお客さんたちが演歌を歌い始め、
なんだかみんなで宴会状態に・・・。
一人席にぽつんといるのがなんとも居心地悪く、早々に退散しました
ちなみに食事は給食を思わせる内容でした
まあ、安いから仕方ないですね。

翌日、帰りのバスは9:45出発。
時間が早いからということで、運転手さんが日光東照宮に寄ってくれました。
その後、食事処に行き、みんなで昼食。
こうなると、もうほとんどバスツアーです
つくづく、特殊な宿だと思いました。

とにかくリピーターが多いようで、周りの人の話を聞いているとおおるりグループのいろんな情報が入ってきます。
あそこの宿はどうだったとか、前回来た時はこうだったとか。
年配の方々に大人気の様子でした。
でも、一人でのんびりゆったり過ごしたい時には、この宿は向かないと思います・・・。

今回は、なかなか面白い体験をしました
奥日光は観光客も少なく、のんびりした雰囲気で、温泉もよくて素敵な所でした。
また行きたいな~
でも今度1人で行く時は、多少値が張っても、食事が美味しくてのんびり過ごせそうな宿に泊まりたい・・・。

ところで、とある生徒さんから、コレクションの画像をいただきました。
とっても可愛かったので、載せちゃいます

Ts3n0001

クー
癒されます
Kさん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

プチ発表会開催決定

5月30日(土)に、生徒だけの内輪の発表会を開催します
今回は特にプログラムも作らず、軽い感じで行おうと思っています。

会場は、花畑にあるスタインウェイレンタルルームです。
スタインウェイは、普段はなかなか弾けない高級ピアノです。
良いピアノで弾くと気持ちいいですよ
皆様、お気軽に参加してくださいね

今日初めて会場を見に行ったのですが、アットホームな雰囲気で良かったです。
思ったより広くて、頑張れば60人くらいは入れるそうです。
更衣室もあるし、控室にはポットを用意してくれるとの事で、お茶も飲めます
ホールでの発表会とは違って、気楽な雰囲気で弾いていただけたらいいなと思います。

終了後に、懇親会も予定しています。
懇親会だけの参加もOKですので、この機会に生徒さん同士の交流を深めてください

では、今日のオススメの一曲。
ベートーヴェン作曲、ピアノソナタ「熱情」三楽章。
この曲を弾きこなすのは大変です・・・。
難曲だと思います
ただいま、生徒さんが果敢に挑戦中。
激しくて、とってもかっこいい曲です

2人の演奏をピックアップしてみました。
弾き方にかなり差があって面白いです。
ぜひ聴き比べてみてください。
どちらも熱く、かっこいいです

クラウディオ・アラウ(20世紀の巨匠ピアニスト)の演奏↓
http://www.youtube.com/watch?v=w7GftdLYSsI

ヴァレンティーナ・リシッツァ(ネットで人気沸騰した情熱的な美人ピアニスト)の演奏↓
http://www.youtube.com/watch?v=4o3eiEHmJUA

| | コメント (2)

雪が降り、ここに来て冬本番といった感じです
年に1,2回降るかどうかという雪が、県立高校の受験と重なって・・・
当事者はさぞ大変だったでしょう・・・。
あまり積もらなくて良かったです。

来週末、雪見温泉一人旅を決行することにしました
行き先は近場で、奥日光です。
雪祭り期間中ですが・・・雪あるのかな?
冬の日光は行ったことが無いので、どんな感じなのかドキドキです。

今回は、松戸から宿までバスの送迎付きで、一泊二食7300円という激安の宿に泊まります。
露天風呂付きの宿は、1人で宿泊すると高いところが多いですが、ここは怪しいくらいに安い・・・。
しかもバスで連れて行ってくれるから、雪道の心配いらず
初めての雪見温泉、楽しみです。
雪がありますように・・・

さて、今日のオススメの一曲は、リベラの「あなたがいるから」
リベラは少年合唱団です。
透き通るボーイソプラノは、正に天使の歌声。
彼らの歌を聴くと、心が洗われます・・・。
ぜひ、聴いてみてください。

この曲は、映画「誰も守ってくれない」の主題歌です。
この映画はまだ観ていないのですが、先日放送していたドラマ「誰も守れない」は見ました。
犯罪に巻き込まれた被害者・加害者の家族がどうなるか・・・
重たいテーマの話です

佐藤浩市と松田龍平のヤクザみたいな警官コンビが、ハマっていて良かった・・・。
映画も見たいところですが・・・
近所の映画館では今週で終わってしまいます。
残念だけど、DVDが出るまで待つしかなさそう。。

観た方がいらっしゃいましたら、感想教えて下さい<(_ _)>

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »