« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ショパンコンクールの結果は・・・

昨夜ショパコンのファイナルが終わり、今朝結果が発表になりました。

優勝は、なんと、ロシアのパンツスーツのお姉さん。

ユリアナさんでしたおめでとう~

ずっと応援していたけれど、ごめんなさい、まさか優勝するとは思わなかったです

ファイナルを聴いていて、予想では一位なしで、二位ヴンダー、三位ダニールかと・・・。

今回一番好きだったニコライくんは、残念ながら順位なし。

まあ彼はまだ若いので、今後まだまだいけるはず。次回また見たいなぁ。

実際の結果は、一位ユリアナ、二位ルーカス&ヴンダー、三位ダニールでした。

ヴンダー以外は全員ロシア人です。ロシア強し。

四位のボジャノフさんも、良かったんだけどな。。

二位のルーカスさんは、ファイナル以外聴き逃していてノーマークでした。。

すべての演奏が配信されているので、またいろいろ聴きたいと思っています。

ちょっと、意外な結果だったなぁ~。

でも、この三週間すごく楽しかったです。

何人かのファンになったので、今後注目していきたいな

| | コメント (2)

ショパコンファイナル

ショパンコンクールが、ついにファイナルを迎えています。

眠れない夜が続くのも、あと少しです。

ファイナルは夜中の一時スタートなので、リアルタイムで見られる日本人は限られますね。

幸い、私のお仕事は昼間からなので・・・4時まで見ることが可能です

ファイナリストは10人。

残念ながら、日本人は二次予選で全員落選。

17人もいたのに・・・世界の戦いは厳しいですね。

お気に入りのアンドリュー君も、残念ながら三次予選で脱落。

でもまだ、ニコライ君とユリアナさんが残っています。

今夜演奏なので、気合を入れて応援します

しかし、ここまで残っている人はみんなとても素晴らしい演奏で・・・

ここから先にも優劣はあるのか・・・という感じです。。

ファイナルでは、ピアノ協奏曲が演奏されます。

ショパンのピアノ協奏曲は二番までしか無いので、どちらかを選択するのですが、10人中9人が第一番です。

一人だけ二番を選びましたが、それは昨日演奏済みなので、これから先は全員同じ曲で勝負することになります。 

曲は同じでも、演奏者が違えば十人十色で、聴き比べるのが面白いと思います。

しかしバックのオケの人たちは同じ曲を演奏し続けるわけで、大変でしょうね。。

昨日聴いた四人の中で、私が一番好きだったのはロシアのダニール君の演奏です。

審査員と一致するかはわかりませんが・・・。

あとは、今夜と明日夜の6人で終了です。

はたして、結果がどうなるのか・・・

今夜も非常に楽しみです

| | コメント (4)

懇親会おつかれさまでした

先日の懇親会に参加された方々、お疲れ様でした。

豪雨にも負けず、集まっていただいてありがとうございました

楽しんでいただけたでしょうか?

私はワインをちょっと飲みすぎて・・・

気持ちが大きくなって、ピアノ弾いてみたは良いけれど、気持ちとは裏腹にヘロヘロな演奏で残念でした。。。

やはり集中力が大事ですね。酔っぱらって弾くのはもうやめます・・・

でもちょっとアルコール入ったほうが、緊張はしないかもしれませんね。

皆様はいかがでしたか?

お店のピアノが、私の愛用ピアノと同じDIAPASONだったのが、ちょっと嬉しかったです。

また利用させていただきたいお店でした。

さて、前回書いたショパコンですが、二次予選に突入しました。

私が一次予選で聴いた中で、応援しようと思った人が全員通過していたので嬉しくなりました

個人的に、特に注目しているのがロシアのニコライ・コジャイノフ君と、ユリアナ・アヴディエヴァさんと、アメリカのアンドリュー・タイソン君。

ニコライ君は繊細な音色で、素敵な演奏でした。くるくるの巻き毛もかわいい。。

ユリアナさんは、みんなが煌びやかなドレスで登場するなか、シックなパンツスーツでカッコよく決めていました。演奏もカッコよかったです。

アンドリュー君は、笑顔が可愛い~。ノリノリで、ジャズみたいな即興っぽい演奏が印象的でした。すごく楽しそうに弾いていたなぁ。

あとは、とっても真面目そうなポーランドのヤシェク・コルトゥスくんと、笑顔が可愛くキラキラした感じの演奏する「のだめ」みたいな印象の岩崎洵奈さんも気になっています。

聴き逃した人もたくさんいるし、二次予選も楽しみです!

みんな、がんばれ~

ていうか、、私も頑張らねば・・・。

| | コメント (2)

第16回ショパン国際コンクール

ただいま、第16回ショパン国際コンクールが開催中です。

ピアニストにとっては、五年に一度の大イベント。

課題曲はオールショパン。課題曲見ただけで、気が遠くなります。。

ファイナルまでいったとしたら、何曲弾くことになるのかしら・・・。

審査の流れは、

書類(DVD)選考→予備審査→一次予選→二次予選→三次予選→ファイナル

だそうです。

予備審査は4月にあったようですね。

現在、一次予選中(10/3~7)です。78名が出場、そのうち17人が日本人だそうです。

日本はレベル高いですね・・・。

ここから40人程度まで絞られるようです。

二次審査(10/9~13)で20人程度、三次審査(10/14~16)で10人程度に絞られ、白熱のファイナルを戦います。

ネット中継しているので、興味のある方はこちらから見られます。

http://konkurs.chopin.pl/en/edition/xvi/online/broadcasting

といっても、時差があるので・・・

日本時間だと、午前の部は17~21時で、午後の部は24~4時になるのかな?

これを観だすと、眠れませんね

それにしても・・・一次予選は、一人30分、一日16人の演奏です。

朝から晩まで、、審査員も大変ですね・・・。

| | コメント (2)

フィギュアスケート観戦

毎月思いますが・・・あっという間に10月ですね

すっかり涼しくなって、過ごしやすい良い季節です。

昨日は土浦の花火大会で、観に行かれた方も多いでしょうね。

私は、今回は花火そっちのけで、さいたまスーパーアリーナへ、フィギュアスケートを観に行ってきました

ジャパンオープン、3地域対抗戦です。

日本VS北米VSヨーロッパの、団体戦でした。

日本チームは高橋大輔、小塚崇彦、浅田真央、安藤美姫。

これだけでも、かなりの豪華メンバーです。

北米は、ジェフリー・バトル、アダム・リッポン、ジョアニー・ロシェット、シンシア・ファヌフ。

ヨーロッパは、エフゲニー・プルシェンコ、ミハル・ブレジナ、サラ・マイアー、ユリア・シュベスチェン。

なんといっても、私の一番のお目当ては高橋大輔と、浅田真央選手。

大ちゃんの4回転成功と華麗なステップを生で見られて、とても幸せでした。

もっともっとずっと見ていたかった・・・

真央ちゃんは・・・ジャンプがボロボロで、自己最低得点を出しちゃいましたが・・・

それでも生で見られて幸せでした

やっぱり、背がスラッと高くて細くて素敵でした

ミキティと小塚君も、かっこよかったなぁ。

魅入ってしまいました。

ゲストの荒川静香さんも、とても素敵でした。イナバウアーやってくれました。

プルシェンコは、独特な面白いキャラクターで、楽しませてくれました。

日本女性にも大人気でしたね。投げキッスを振りまいてくれました

得意の四回転が見られなくて残念でしたが・・・体調がよくないのかもしれません。

演技の完成度が高くて素晴らしかったのは、アダム・リッポンとジョアニー・ロシェットでした。二人とも、素敵だったなぁ

マニアックですが、モロゾフ(ミキティのコーチ)とオーサー(アダムのコーチ。キムヨナの元コーチ)が生で見られたのも楽しかったです。

どのチームも、四人がとっても仲がよさそうで雰囲気がよく、楽しそうでした。

みんなライバルだけど、仲間なんですよね。

今シーズンも、とっても楽しみです。

世界選手権が東京であるので、チケット手に入れたいなぁ・・・。

フィギュアスケートといえば、音楽も楽しみの一つです。

来年フランツ・リストが生誕二百年だからなのかわかりませんが、真央ちゃんと小塚くんがリストの曲を使います。

真央ちゃんは「愛の夢」、小塚君は「ピアノ協奏曲第1番」。

これを機に、リストブームがくるかな・・・・?

観戦後、東京駅に寄って、丸の内でお茶とお食事をしました。

どちらもとっても雰囲気が良くて美味しくて、幸せでした~。

女性やカップルに、特におススメです!

Cafe1894(三菱ピル一号館)

http://www.marunouchi.com/city/msnumber_09_03.html

CITACITA(丸ビル5F)

http://r.gnavi.co.jp/g763318/menu6.html

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »