« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞いは、8月末までに出すものらしいですが・・・
まだまだ、暑さは残っていますよね。
9月も後半だというのに、今日も暑い
保冷剤を首に巻いて過ごしています

ついつい、まだ夏のような気になってしまうんですが・・・
気づけば11月26日のピアノ発表会まで、あと二か月ちょっとなんですね。

最近、「音楽家の名言」という本を読みました。
これ、なかなか面白かったです。

例えば、今は亡きピアニスト、ギーゼキングの

「練習に費やされる時間の多さよりも、練習時における集中性と注意力の方がずっと大切である」とか、

やはり今は亡きピアニスト、アントン・ルービンシュタインの

「あなたの指が鍵盤に触れる前に、その曲をどう弾くか、心の中で考えておかなければいけない」

というお言葉なんかは、本当にそうだなぁと思います。

と、同時に。フジコ・ヘミングの
「間違えたっていいじゃない。機械じゃないんだから。」

というお言葉も、うんうん、そうだよね!って思います。

モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、リストなどのお言葉も載っています。
演奏の参考になるかもしれません。
レッスン室に置いておくので、興味のある方は読んでみてください

と、ひとしきりピアノネタを書いてから・・・
やっぱり、今回も旅ネタです。

先週末、群馬の谷川岳の星空観賞会に、再挑戦してきました。
前回は霧に覆われ、星ひとつ見えないという惨敗でした。
さて、今回の星空は・・・
星が見えました家から見るのと同じ程度には・・・

今回は、霧も出ず、雲も少なかったのですが、月がとっても綺麗で・・・
というか、お月様が明るすぎ、天の川は観られませんでした
でも、月はとても綺麗でした
考えてみたら、お月見が12日で、この日は9日。
中秋の名月だったんですね。

あと、流れ星が見られました。
あっという間の出来事で、願い事はできませんでしたが。

天の川は、またいつか・・・。
もう、筑波山にでも観に行こうかと思っています。。

山の上は結構寒く、湿った芝生に寝転んだりしたので冷えちゃいました。
レジャーシートが必要でした。。

宿に戻ってから温泉につかって、一杯飲んで、至福の時を過ごし・・・

その翌日。
とっても良い天気だったので・・・
谷川岳に、登っちゃいました!
山ガールデビューです
実は最近、NHKで放送している「あなたもこれから山ガール」に影響され、大自然に囲まれたくなっていたんです。
密かに買い揃えてきた山ガールグッズを活用する時が来ました。

今回登ったのは、運動不足の初心者でもギリギリ登れる感じの、リフト天神峠駅(1502m)~山頂(1977m)~ロープウェイ天神平駅(1319m)コースです。
往復で5時間くらいでした。

まずは、ロープウェイで天神平駅へ。

Sn3o0206

さらにリフトで天神峠へ。
手前がスタート地点で、奥に見えている山頂に向かいます。

Sn3o0207

まだまだ元気です。↓

Kusaribamae_3

鎖場、初挑戦。↓
ここ、上りは余裕だったんですが、下りが怖かったです・・・。
Kusariba_3

もう少しで山頂です。
Sanchoue

山頂からの眺めです。↓
写真では伝わらない気がしますが、絶景でした

Nagame

途中にあった山小屋、「肩の小屋」↓
ここの前で、お昼にオニギリ(水上駅前デイリーヤマザキで購入)食べました。
周りの人々はコンロ持参で、ラーメンとか食べていました。
アツアツの珈琲入れて寛いでいる人もいました。
でも、すごく良い天気だったので・・・
山の上とはいえ、かなり暑くて、みんな汗だくでした
もう少し涼しくなったら、山頂でラーメン食べてみたいです。

ちなみにここには貴重なトイレがあります。
とっても臭いけど・・・山では仕方ないですね

Katanokoya


あとはひたすら、下ります。
ここからが、私にとっては過酷な試練でした・・・。
山頂って、ゴールじゃなくて、中間地点なんだと実感しました。。

けっこう急な下りで、歩きにくいガレ場が続き、膝が途中から笑い出しちゃいました。
人生初の、膝笑いです
生まれたての小鹿のようにカクカクしながら、ちょっと泣きそうになりつつ、なんとかロープウェイまで辿りつきました・・・。

そしてその後数日間、普通に歩くことも困難なほどの激しい筋肉痛に見舞われました

山ガールデビューにしては少し過酷でしたが、とっても楽しかったです
天気にも恵まれ、素敵な景色も見られたし。

でも今度は、もう少しラクな山に行きたいな。
というわけで、来週末は山梨県の西沢渓谷に行ってきます。
台風の影響がありませんように・・・。

| | コメント (4)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »