« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

高峰温泉

今日はレッスンが少なかったので、久々にヤマハに行って楽譜みてきました。
夢中でいろいろ見ていたら、あっという間に閉店時間に・・・
二時間くらいいたかもしれない
いろんな楽譜をたくさん見すぎて、頭痛くなっちゃいました。。
その割には、あまり収穫が無かったなぁ・・・。
理想のテキスト、なかなか見つかりません。

さて、先週末、高峰温泉(ランプの宿)に行ってきました。
やっぱり、雨だったんですけど。。
星空どころか、霧で周りがほとんど見えなかったんですけど。。。

スライドで、晴れていれば見える星の説明を聞きましたが・・・
本当に、満天の星空の、素敵な映像ばかり。
うう~、天の川、見たかった!!

翌日、小雨の降る中、池の平湿原をハイキングしましたが・・・
本来なら絶景が広がるはずが、霧で面白いくらいに何も見えない!
まあ、これはこれで、幻想的な雰囲気で良いですが・・・。

Sn3o0433


Sn3o0436

コマクサが咲いていて、見る事が出来ました。
本来ならこの時期は菖蒲も咲き乱れて綺麗なんだそうですが、今年は遅れていて、まだまだ蕾も固い状態でした。

Sn3o0432

Sn3o0430_2

ハイキングを終えて宿に戻り昼食を食べると、ちょっと日がさしてきて、やっと景色を見る事が出来ました。
これはもう、本当にうれしかったです。おてんとさま、ありがとう!

Sn3o0442_3

ちなみに、帰る頃にはまたどしゃ降りの雨でした。

温泉も、とても良かったです。
高峰温泉は、硫黄臭のする白い濁り湯です。
地上2000mの山の中の野天風呂は、混浴ではありませんが、脱衣所などは無く、茂みで服を脱いで入ります。
最初はどうしたものかと抵抗もありましたが・・・
慣れてしまえば、ものすごい解放感に浸りつつ、とっても気持ちよく入れました。

Sn3o0439

こちらは内湯です。

Sn3o0441

天気が良ければ、本当に素敵な眺めです。

宿のスタッフの方もとても親切で、良かったです。
山小屋みたいなものを想像していましたが、部屋にトイレと洗面所が無いだけで、あとは快適でした。
自然保護のため洗剤は使えませんが、特殊な水を使っていて、水だけで汚れがちゃんと落ちるそうです。
食事も美味しくて、雰囲気も良く、とても素敵な宿でした。
イベントもたくさんあり、雨でも退屈しません。
星空観賞に、ガイドツアーも参加できます。
装備もレンタルしてくれますし、ハイキング後にはお風呂も入れて、いたれりつくせりでした。

今回はお天気がイマイチで残念だったので、近いうちにまた行きます!

| | コメント (6)

箱根

週末に、箱根に行ってきました!
奇跡的に、雨が降りませんでした

初日は定番コース。

あじさい電車に乗って、強羅へ。
車窓から見るあじさいは、満開で綺麗でした♪

強羅からケーブルカーとロープウェイを乗り継ぎ、大涌谷へ。
黒たまご、おいしかったです。

Pap_0424

こういう噴煙見ると、地球は生きている・・・と実感します。

Pap_0422

その後、桃源台へ行き、そこからこんな遊覧船に乗り・・・

Pap_0421

芦ノ湖を遊覧。
Pap_0420

芦ノ湖畔のイタリアンレストランでお食事。
眺めも良く、美味しかったです~。

その後、箱根湯本の宿で温泉三昧♪
美肌になったかしら・・・。

翌日は、雲が気になりつつも、金時山へ。

バスで仙石まで行き、金時神社入口から登り始めます。
まずは金時神社でお参り。
まさかりが置いてあります。

Pap_04181


汗だくになりつつ、バテバテで頂上へ・・・。
金時茶屋でおにぎり買って休憩。

晴れていれば、富士山が間近で見られて絶景の・・・はずでしたが。

Pap_0414


Pap_0413

きっと、雲の向こうに大きな富士山が・・・あったのでしょう。

まぁ・・・雨が降らないだけ良かったです!

この後、乙女峠を経て乙女口バス停へ向かい、バスで仙郷楼前の南甫園という温泉へ。
ここの露天風呂は大涌谷温泉を引いていて、硫黄の香りがするにごり湯です。
何かに効きそう・・・。
汗を流してさっぱり。

その後、湯本に戻って、駅前で温泉パスタなるものを食べてみました。
ヘルシーな味わいで、美味しかったです^^
店員さんも感じが良くて、最後の晩餐を楽しめました。

帰りはロマンスカーで爆睡して、あっという間に新宿でした。。

今回は箱根フリーパスを使ったので、交通費を気にせずたくさんの乗り物に乗れて良かったです。
実は今まで、存在を知らなかった・・・

箱根は近いし安く行けて、たくさん遊べて、温泉も美味しいものもたくさんあって、良い所ですね~。

さて、次は高峰温泉です。
おてんとさま、よろしくお願いします!!!

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »