« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

山ガール復活

昨日、屋久島から戻ってきました。
とってもとっても楽しくて、まだ心は半分以上屋久島に残っている感じ・・・。

今回の旅行は、山ガール8人の団体旅行でした。
友達の輪はつくばという枠を超えて、東京や新潟まで広がりました。
初対面の人も参加するというドキドキわくわくの3泊4日屋久島縄文杉を訪ねる旅。
半年前からの計画が、ついに実行に移されました!

オリオンツアーで、飛行機(羽田~屋久島)の運賃と宿代(2食付)がセットになっているプランを利用。
宿泊は屋久島山荘。
3泊4日で7万円くらいでした。

初日は移動のみ。
つくばから高速バスで羽田空港、お昼過ぎの便で鹿児島まで飛び、そこからさらに屋久島まで飛びます。到着後、路線バスで宿へ向かいました。
みんな大荷物なので(登山用品は、かさばるのです)、バスに乗るのも一苦労。
到着は18時過ぎ。やっぱり遠いです。。

屋久島山荘は、作家の林芙美子さんが「浮雲」を執筆した宿だそうです。
皇室の方々も宿泊されたそうで、写真が飾ってありました。
立派な宿というよりは、歴史ある老舗という感じ。
お料理も美味しいし、スタッフの方も親切で、居心地の良い素敵なお宿でした。

Sn3o1228

屋久島のお料理といえば、飛び魚みたいです。
形を変えていろんなお料理になっていました。
これは頭から羽と尾までバリバリいけて美味しかったです!

Sn3o1144

2日目は、この旅のメインイベント、縄文杉登山です。
荒川登山口から縄文杉まで、往復12時間歩きます。

朝5時にガイドさんが宿に来てくれて、9人でジャンボタクシーに乗って出発。
ガイドは個人的に、グリーンメッセンジャー屋久島さんにお願いしました。
ジャンボタクシーは半年前に予約済み。数が少ないので、すぐに予約が一杯になってしまうのだそうです。実際、半年前でも1社断られました。

荒川登山口までの車道はマイカー規制されていて、一般車両は入れません。
バスかタクシーになりますが、人数が多い時は絶対タクシーが便利です。
安房にある宿から荒川登山口まで約40分、快適に移動できました。

夜明け前の屋久島は、満天の星空がとても綺麗でした。
登山口前の休憩所で朝食のお弁当を食べて、トイレに行って準備体操していざ出発。

ちなみにお弁当は屋久島山荘で前日に注文しました。
「島むすび」というお店のお弁当を手配してくれて、朝食、昼食とも美味しかったです。
そしてリュックに入るようにコンパクトな二段弁当で、ありがたかったです。

そしてトイレ情報ですが、山とは思えない快適さでした。
縄文杉までのトイレは、登山口とトロッコ道途中と山道手前の三か所でした。
どれもそんなに臭くないし、きれいでビックリ。
一応、携帯トイレも持っていきましたが、使わなかったです。

まずは、ガイドさんについてトロッコ道を歩きます。

Sn3o1151

このトロッコ道、月に1~2回、トイレの汚物などを回収するトロッコが走るそうです。
急病人や怪我人も乗れるらしいです。
自分の歩幅で進めないので、結構歩きにくいです。
ここは、ゆるやかな登りになっています。

途中から、真ん中に木道が入って歩きやすくなります。
下に川が流れていて、何度か橋を渡りますが、手すりの無いものもあって結構スリリングでした。

Sn3o1152

このような道が延々、3時間くらい続きます。
登山というよりは渓谷を歩いているような感じです。

ここは、ジブリの映画「もののけ姫」で、アシタカとサンが出会った場所だそうです。

Sn3o1163

これは、シシガミ様のモデルなんだそうです。
もののけ姫、また観たくなってしまいます。

Sn3o1165

水場が何か所かあるので、ペットボトル一本あれば水には困りません。

Sn3o1166

携帯トイレブース。
宮之浦岳など、縄文杉よりも奥へ行くと、こういうトイレが一般的みたいです。

Sn3o1171

トロッコ道が終わると、二時間半ほどの山道。
ここからが登山です。

しばらく登っていくと、ウィルソン株があります。
大きな株の中に入って隅っこから上を見上げると、ハートに見えます!
これを植物博士のウィルソンさんが世の中に広めてくれたので、ウィルソン株というそうです。
ちなみにウィルソンさんも屋久島山荘に泊まったそうです。

Sn3o1172

どんどん山奥に進みます。

Sn3o1186

Sn3o1187

ヤクシカさん。

1381458053616

コダマさん。

Cimg3827mini

途中で昼食のお弁当を食べて、もう少し頑張って登ります。
いくつか名所があるのですが、長くなるので割愛。

そしてついに。
縄文杉です!

Cimg3831mini

縄文杉は、枝が折れる危険があるらしく、囲いがあって遠くからしか見られませんでした。。
巨大な幹に、抱きついてみたかったなぁ。
なんだか、穏やかなお爺さんみたいなお顔に見えます。

1381464302064

さて、あとはひたすら、長い長い下山です。
登山口に着くころには真っ暗。
懐中電灯を照らしながら歩くと、とってもアドベンチャーな気分でした。
手すりの無い橋なんかは本当に怖い!

タクシーのお迎えは荒川登山口に18:30。
ギリッギリに到着しました。
へとへとに疲れましたが、誰も怪我することなく無事に帰ってこられて、本当に良かったです。楽しかった!!
長時間お世話になったガイドさんに感謝です。

三日目、起きてみると、やっぱり筋肉痛・・・。
この日はレンタカーを借りて、ゆる~く滝めぐり観光をしました。
カーナビが付いていない事に戸惑いつつ、出発。

トローキの滝。海に直接落ちる滝は、日本で二つだけなんだそうです。

Sn3o1197

千尋の滝。
宮崎駿さんが屋久島で一番気に入った滝なんだそうです。

Sn3o1200

大川の滝。ここはガイドさんおススメの滝でした。
落差88m、近くまで行けるので大迫力でした!

1381547432475

いわさきホテルで優雅にランチ。
その後、フルーツガーデンでフルーツを試食。

20131015003508484mini

あとは安房に戻ってお土産屋さんめぐり。
かわいいもの、美味しそうなものがたくさんあって迷うのも楽しい♪
ガイドさんおススメの松田商店にて、飛び魚のすり身を購入。
離島からのクール宅急便は高いけど、みんなで割ればコワくないです。

最終日の朝食は、流れ船にしてもらいました。
割増料金とか無いのが素晴らしいサービスです。
この船で、安房川をクルーズしながら、約1時間の朝食。珈琲付。

Sn3o1226

楽しかった屋久島旅行はこれで終了。
後は飛行機を乗り継いで帰ってきました。

とにかく食べ物が美味しくて、2キロほど体重増やして帰宅。
あんなに歩いたのに・・・(-_-;)

屋久島にはまだまだ白谷雲水峡や屋久杉ランドなど、ハイキングコースがたくさんあります。
宮之浦岳や黒味岳など、縦走してみたい山もあります。
また行かなくちゃ!!

ところで・・・
ただいま、家の外壁を塗装中です。

帰宅したら、家がビニールで覆われ、足場も組まれ、壮観。
ちょっと、今までと色が変わる予定です。
玄関にも足場がありますので、頭上と足元に気を付けてお越しくださいませ。
何より、ペンキ臭いのが心苦しいです。
しばらくの間、生徒さんにはご迷惑をおかけして申し訳ございません。
どうぞ宜しくお願い致します。












| | コメント (2)

発表会お疲れ様でした

今更ながら・・・

先月21日(土)に、無事に発表会が終了しました。
関係者の方々、本当にお疲れ様でした。

あれから、もうすぐ二週間たとうとしています。
先日DVDとCD編集&量産作業が終わり、やっと落ち着きました。。
今回はCDもあったから、ちょっと・・・大変でした(>_<)
でも、かなり高音質で録れていました!さすがノバホールです。

今回は初めてのノバホール大ホールデビューという事で、
不慣れな事も多くて手際が悪く、皆様にご迷惑をおかけしてしまったと思います。
行き届かない部分が多く、申し訳ありませんでした。

今回は事前の作業も多くて、自分の練習時間の確保が難しく、裏方と自分の演奏との両立の難しさを感じました(-_-;)
この先、年をとっていったら、、ちょっと無理になるかも・・・。

初めてノバホールの大ホールで発表会を開催してみて思ったのは、
やっぱりホールの格が違う!という事。
音響も良いし、置いてあるピアノも大物。

今回は、ベーゼンドルファーのインペリアルモデルを使用。
通常より低音部分の鍵盤が9個多い、97鍵盤。

Sn3o0754

左端の黒い鍵盤たちが増えている部分。
あまりここを弾く機会はありませんが、この部分がある事によって、響板も広くなり、共振する弦も多くなり、中低音の音が豊かな響きになるんだそうです。

Sn3o0753_2

私も初めて弾くピアノだったので、かなりドキドキでしたが・・・
さすがに素敵な音でした。響きも良く、なんだかいつもより上手に聴こえるかも。
ただ、弾きこなすのはやっぱり難しい感じでした。

このピアノ、最近オーバーホールしたばかりとの事で、中身は新品同様。
そのせいか、タッチはまだ固めで、しっかり弾かないと鳴らない感じ。

緊張の中、普段と全然違うピアノを弾きこなせるのかと不安でしたが・・・
皆様、全く問題無いようでした。
鍵盤が増えていることに気付かなかった方もいたようで・・・
みんな、すごい順応力です!

舞台袖ではみんなで励まし合ったり円陣組んだり、小ホールでは出来ないような事が出来て、面白かったです(*^_^*)

またあそこで弾きたい、という声が多かったのですが・・・
私としては、二年に一度のペースでノバホールにしたいと考えています。
大ホールだと敷居が高くて出にくいという声もあるので、小ホールと交互にしていきたいと思います。
次回はまだ未定ですが・・・カピオを狙ってみようかと思っています。

皆さん、大舞台での演奏を経験して、またレベルアップしたはずです。
舞台度胸がついてきている感じも受けました。

限られた時間の中で発表会に向けて頑張って練習して、
次々と襲ってくる不安に打ち勝って、
ステージに上がって見事最後まで弾き切ったという事は、
とてもとても立派な事だと思います!!
出演者の皆様、本当にお疲れ様でした<(_ _)>

生徒の皆様からいただいた花束と、白馬のリラックマ。かわいい~(゚▽゚*)
練習大変な中、準備していただいて・・・
いつも本当にありがとうございます!!

Dscf02201


発表会に出演した皆様は、今頃燃え尽きている事と思います。
私も、かなり燃え尽きています。

少しゆっくりしたら、また次のイベントを考えますので・・・
しばらくお待ちくださいませ<(_ _)>

余談ですが、発表会の翌々日、西穂高(独標)に登ってきました。
来週には屋久島にも行きます。
富士山以来、しばらくピアノ一筋のインドア生活でしたが・・・
また、山ガール復活です(^v^)
穂高連峰も上高地も、とっても素敵な景色でした!!
それはまた後日UPしたいと思っています。


| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »