« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

白馬岳

あっという間に、お盆も終わりですね。
いよいよ、夏も後半という感じがします。
今日はなんだか涼しくて、秋の気配すら感じます。

さて、先日、父と一緒に白馬岳に登ってきました。
猿倉登山口から、白馬大雪渓を登り、白馬山荘で一泊、白馬乗鞍岳を経て栂池高原に下りるコースです。
今までで一番のロングコース。
五合目から登る富士山よりも、標高差があり、今までで一番大変でした!
でも初めての雪渓や稜線歩きは絶景の連続で、感動的でした。
山の上には高山植物もたくさん咲いていて、励まされました。

登山前日は、猿倉登山口に一番近いペンション、クヌルプに宿泊しました。
新宿から白馬八方まで高速バスで五時間くらい。
バスターミナル近くのコンビニで翌日の食糧を買い、そこまでペンションの方に迎えに来ていただきました。

このペンション、「かまいたちの夜」という昔流行ったゲームの舞台なんです。
私はこの殺人事件のゲームにハマり、結構やりこんだ過去があります。。
ゲームの中では、このペンションの名前はシュプール。
どうしても、シュプールに見えてしまいます。
内装もゲームと同じで、テンション上がっちゃいました。

P1000625mini

ゲームに出てきたミシシッピマッドケーキ。
めちゃめちゃ甘かったです。

P1000645mini

たまたまこの日の宿泊は私たちだけで、のんびり寛げました。
お料理も美味しかったし、お部屋も綺麗で快適でした。
お風呂も24時間入れて良かったです。
歩いて数分のところに、「小日向の湯」という温泉もありました。

P1000629mini

八方温泉のお湯はすべすべで、美肌にとっても良さそうで好きです。

翌日は5時すぎに起きて、前日に買っておいたパンなどを朝食に食べ、6時30分くらいに出発。
早朝にも関わらず、ペンションの方がバス停まで車で送ってくれて、助かりました。
とても親切にしていただいて、感謝です!

小日向の湯のバス停からバスに乗り、猿倉登山口に7時ごろ到着しました。
ちなみに、小日向の湯バス停付近からマイカー規制をしていて、近くの駐車場は既に満車でした。

猿倉登山口で登山届を出し、いざ出発。
しばらくは林道を歩きます。

P1000657mini

日陰の無い林道を直射日光を浴び続けて一時間くらい歩くと、白馬尻小屋に到着。
この時点で汗だくです。。

P1000043mini

ここから白馬の醍醐味、大雪渓の始まりです。
この時のために購入したアイゼンを装着。
いよいよアイゼンデビューです。

P100004705kmmini

そして絶景の中、大雪渓を登ります!

P1000684mini

傾斜はだんだん急になり、二時間弱くらいの雪渓の間に休憩できるところは特に無く、ひたすら登り続けます。
落石が多いらしく、なるべく早く通り抜けた方が良いとの事で、そんなにのんびりもできない雰囲気。

足に着けたアイゼンや6キロほどのザックがだんだん重く感じられ・・・
最初は「涼しい~!」と思った雪道も、冷たい風にさらされるうちに、寒い感じに。。
最後の方は、けっこうしんどかったです・・・。
日本ぽくない絶景に励まされて、なんとか雪渓を抜けました。

大雪渓が終わると、高山植物のお花畑が出現。
山の姿も、ヨーロッパみたい!

P1000703mini

たくさんのお花に囲まれながら、けっこうな岩場を登って行くと、今度は小雪渓です。
雪道に慣れていない私は、ここのトラバース(斜面の横断)が一番こわかった・・・。

P1000716mini

後はひたすら登り続けます。

P1000727mini

しんどい~!って思っている時に目に入った岩に、ちょっと感動。
うん、頑張る!
P1000738mini

この日は、この白馬山荘に宿泊です。
この写真撮ったところから山荘までが、意外と遠くて・・・
正直、辛かったです・・・。

P1000748mini

登山口から7時間くらいかけて、14時ごろやっと到着!!
ごほうびの、ケーキセットです。
とっても美味しいケーキでした(*^_^*)
白馬山荘のレストランは素晴らしい~。

P1000753mini

私たちの部屋は三階。相部屋です。これで二人分の広さ。
仕切りがあるので、けっこう寛げました。

P1000759mini

する事ないので、山荘付近を散策。
エーデルワイスを発見しました!

P1000800mini

晩御飯です。なかなか美味しかったです。
白馬山荘は日本最大の山小屋らしく、800人収容可能。
この日は平日でしたが結構いっぱいで、食事は三交代制。
時間が決められ、30分くらいで入れ替えになります。

P1000773mini

食後は、談話室で本を読んだり、テレビを見たり、うろうろしたり。
有料で、携帯の充電もできました。
ただ、この日は電波状態が悪かったらしく、auはほとんど電波入りませんでした。

ちなみにトイレはボットンで、臭いもそこそこあり・・・落ち着ける空間ではありませんでした。。そして一階にしか無いので、三階の部屋から行くのは、ちょっと遠かったです。

ただ、富士山と違って水があるので、洗顔や歯磨きもできるし、飲み水にも困りませんでした。すごく冷たいので知覚過敏の私にはちょっと辛かったですが(^_^;)

この日はとても天気が良かったのですが、山荘に到着したくらいから曇ってしまい、残念ながら夕焼けが見られませんでした。
満天の星空も諦めて寝に入り、周りの豪快なイビキに安眠を妨害されつつウトウトしていた夜中の三時ごろ。
ご来光を山頂で見ようと動き始める人も出てきて、山小屋内がザワザワ・・・。
そんな中、「星が見える」との噂が聞こえてきました。

急いで山小屋の外に出ると、本当に降るような満天の星空が!
天の川が見え、しかも流れ星がいくつも見えました。感動~。
しかし、10分後くらいにはまた雲に包まれて見えなくなってしまいました。
見る事が出来て本当にラッキーでした!

部屋に戻って少しゴロゴロして、今度はご来光を見に4時半くらいに外へ。
山小屋の東側を山頂に向かって少し上ったところで待機しました。
とにかく強風で寒かったので、みんなで「早く~!」と騒いでました。

雲海と、朝焼けです。

P1000779mini

ここまでは良かったのですが・・・
この数分後、一気に雲が広がり、ちょうどご来光を隠してしまいました。。
なんとも幻想的な日の出。これはこれで、綺麗でしたが。

P1000789mini

P1000794mini

この後山荘に戻って朝食を食べ、いよいよ2日目の行程の幕開けです。

思った以上に、だいぶ長くなってしまったので、続きはまた後日UPします。。



















| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »