« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

立山

連日暑い日が続きますね!
真夏の暑さがこたえます・・・
夜なのに、じっとしていても汗が噴き出てきます(>_<)

さて、夏山登山シーズンが到来し、今年は立山に登ってきました。
北陸新幹線、かがやきに乗って、長野まで1時間ちょっと。
長野から扇沢まで特急バスで移動。
扇沢から、黒部立山アルペンルートが始まります。

平日だったので、乗り物はほとんど並ばずにスイスイ進めました。
トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイを乗り継ぎ、室堂を目指します。
実際乗ってみるとかなり長距離のアルペンルート、よく作ったなぁと感心しました。
室堂までの往復で交通費1万円近くして高いなぁと思っていましたが、納得しました・・・。

途中の黒部ダムは大迫力でした。
名物の黒部ダムカレーは、意外と本格的なグリーンカレーで美味しかったです!
美味しい湧水も飲み放題です。

P1000614mini

室堂に到着すると、立山連峰が目の前に見えて、とても雄大な素敵な景色が広がっていました。この時点で、かなり感動的な景色です。

P1000616mini

P1000632mini

初日は、雷鳥沢ヒュッテに宿泊。
室堂ターミナルから意外とアップダウンが多く、思ったより遠かったです。
ここは、温泉付きの山小屋です。
個室をとりましたが、最低限の物しかありません。
合宿所みたいな雰囲気の館内で、食事もイマイチ・・・。
でも、窓の外の景色は絶景でした!
廊下にコンセントがあって携帯の充電はできました。

ここの宿泊者は登山者が多く、夕食が終わるとみんな早く寝てしまいます。
夜中に露天風呂を独り占めして、最高でした~。
山小屋の温泉ですが、混浴では無くちゃんと男女別になっています。
ただ、源泉かけ流しのためとっても熱くて、しばらく水で薄めないと入れません。。
ぽかぽかに温まります!

2日目、立山に登るぞと張り切って寝て起きたら、まさかの雨でした・・・。
一緒に行った父と協議し、登山は延期して、この日は高原バスで弥陀ヶ原に行く事に。
バスで向かうと、だいぶ小さくなった雪の大谷が見られました。
弥陀ヶ原で降りて、帰りのバスを予約しました。高原バスは予約制です。

雨が降ったりやんだり、雲の中にいるような白い景色は、湿原にピッタリでした。
高山植物がたくさん咲いていて、雄大な景色が広がって、素敵なお散歩ができました。
ここの遊歩道は一周ゆっくり見て歩いて二時間ほどで、アップダウンもほとんどありません。
物足りない私たちは、立山カルデラ展望台に登りましたが、天気が悪いので・・・うっすらとしか、見えませんでした(^_^;)
弥陀ヶ原に戻り、山小屋で調達したお弁当を広場で食べて、バスの時間までお昼寝して、とても贅沢な昼下がりでした。

P1000652mini

P1020010mini

室堂に戻ったら、みくりが池温泉の喫茶で自家製レアチーズケーキと珈琲をいただきました。
雑誌におススメだと載っていたので楽しみにしていましたが、本当に美味しかったです!

この日は雷鳥荘泊。
こちらは山小屋ですが、もはや山小屋では無い、素敵な宿でした。
お部屋もトイレも洗面所も綺麗で快適!
浴衣や歯ブラシやポットまで置いてある!もちろんコンセントも普通にあります。
食事も美味しく、温泉もオシャレで快適。シャワーがついてる事に感動しました。。
昨日泊まった雷鳥沢ヒュッテとの差が激しく、なんだか感動的でした。
やっぱり、ちょっと高くても、こっちの方がいいなぁ・・・。

ただ、こちらは登山者が少ないのか、隣の部屋のおばさまたちの宴会が夜遅くまで続き、うるさかったです・・・。。
そして、地獄谷の近くに立地しているため、風向きによって火山ガスの臭いが部屋に入ってきます。マスクして寝ました・・・。

さて、いよいよ最終日。
予定ではもう登山を終えて帰るだけのはずだったので、スケジュールがギリギリです。
新幹線を17時半で予約してあったので、逆算すると2時起きの3時出発・・・。
真夜中、月明かりの下で出発です。月がとても明るくて綺麗でした。
誰もいない静かな道を進んでいくと、小さな雪渓が現れました。
この時間だと、ちょっと凍ってツルツルの場所があり、慎重に進みます。
雪渓は4か所くらいだったと思いますが、これが私はすごく怖くて、ビビりまくりでした。。

急勾配で岩がゴツゴツして登りにくい雄山を、山頂まで頑張って登ると、絶景でした。
北アルプスが一望です。槍ヶ岳も見えました。
山頂の神社で登山の無事を祈ってもらい、朝食弁当を食べて、先へ進みます。

P1020077mini

P1000704mini

雄山、大汝山、富士の折立までを合わせて、立山というそうです。
大汝山には、映画「春を背負って」の舞台になった休憩所があります。
売店や、喫茶がありました。

P1020088mini

今回はその先の真砂岳、別山まで行き、雷鳥沢に下りてきました。

P1000721mini

P1000724mini

別山からは剱岳が間近に見え、大迫力でした。

P1020121mini

この日はとにかく快晴に恵まれ、最初から最後までずっと絶景でした。
ものすごくラッキーだったと思います。
最後は陽射しにやられて熱中症になるんじゃないかと思ったほどしんどかったですが・・・
感動的な景色に励まされて頑張れました。

山頂でゆっくり写真撮りすぎて8時間半くらいかかってしまったので、大急ぎで帰り支度を整えて帰路につきました。
2時起きで登山して、帰宅したのは夜の9時前。
長い長い、とても充実した一日でした。

今年の夏山はこれで終わり・・・ちょっと寂しいですが、最高の締めくくりになりました。

長くなるので割愛しますが、トレーニングで登った筑波山の白滝道や、那須岳も、とても楽しかったです。
特に那須岳は火山独特の荒涼とした風景が楽しめ、アドベンチャーな鎖場などもあって適度にスリリングで、温泉もあって、楽しい山でした。

さて、ちょっとサボってしまったので、ピアノの練習もまた頑張らなくては~!

| | コメント (1)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »