« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

6月

気づいたら、今月は今日で終わり?!
明日で半年が終わろうとしています…
早いですね。

今月始めに、カピオホールで開催されたイノベーションフェスタに行ってきました。
テクノロジーとアートのコラボという、つくばらしい企画でした。



目玉は、JAXAときゃりーぱみゅぱみゅのコラボライブ。
きゃりーの動きに合わせて、映像が出たり、動いたり。とても楽しかったです。

ホリエモンと、宇宙飛行士の山崎直子と、津田大介の対談とか、
ホリエモンと田原総一郎の言いたい放題の対談や、
田原総一郎と落合陽介とかの対談も、
すごく興味深く、面白かったです。







ホリエモンが書いた本がかなり売れていると話題だったので、買って読んでみました。
「多動力」という本です。
とても読みやすくて、すぐに読めました。

彼は、1つの仕事をコツコツやる時代は終わった、と言います。
たくさんの経験、肩書きを持つレアな存在が活躍できる世の中だと。
何かにハマって飽きては、次のものにハマって飽きてを繰り返し、いろんな教養を身につけて武器にしろ、という感じ。

とことん効率を重視して、自分の邪魔をするものは容赦なく排除する姿勢…
超自己中です。
でもなんだか、ホリエモンならそうだよね、て納得してしまいました。
見習おうとは思わないけど、1つの考え方として参考になる点はいろいろありました。

一方、最近友人に勧められ、もう一冊読みました。
「グリット やり抜く力」という、ハーバード大学の心理学者が書いたベストセラー本。
こちらは読みにくくて時間かかりました!

不思議な事に、ここに書いてある内容の方が日本的。
世界の偉人たちは、ずば抜けてやり抜く力が強かった、
才能よりも努力し続ける事が重要という内容でした。

とはいえ、やみくもに才能ない事に時間を費やすのは良くなくて、いろいろやってみて、向いているものを探そうとも書いてありました。
あと、やり抜くには、周りの励ましもかなり大事だそうです。

私の場合、やり抜く力は、中途半端です。
2歳半から続けているピアノで音大行ったものの、挫折し、私には向いてないのではと思い、迷走。

卒業後数年は研究所の契約職員として事務仕事をしていました。

正社員になりたくて、大量採用していた企業に転職したものの、ブラック企業で一ヶ月ももたず退職。

やっぱり私にはこれしかできないとピアノの世界に戻り、自宅で細々と教室を始め、今に至ります。
まさか、こんなに楽しんで続けられるとは思っていませんでした。

最初の事務職では、電話応対やパソコン操作、ホームページの作り方などを学びました。これは教室を開く時、とても役立ちました。

いろんな経験は確かに役に立つし、
1つのことをコツコツ続けることも悪くないと思っています。

多動力と、やり抜く力。
どちらも、強すぎると、偏った人間になるかもなー、と思います。
ホリエモンも変人だし、世界の偉人たちもたいがい変人ですよね。。
世界中そんな人ばかりになってしまったら、まとまらないと思います。

でも、一度きりの人生、偉大な仕事をしたいという野心溢れる人には、どちらもオススメの本です。

ところで最近、小林麻央さんが、亡くなりました。
彼女は、愛の力でヤンチャだった海老蔵を変え、幸せな家庭を築きました。
海老蔵の会見は、涙なしでは見られませんでした。麻央さんのお姉さんやお母さんも素敵な人たちで、ちゃんと支えあえる、素敵な家族だなと思います。

結局、どの力が欲しいかっていったら、私は麻央さんみたいな愛の力が1番欲しいなぁ。


おまけ
今月のチャーミー






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »