« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

5月

今日は暑いとか寒いとか言ってる間に、気づくと5月ももうすぐ終わってしまうんですね。

気温の変化への順応性が衰えてきたようで、今年の5月はなんだかとてもダルい…

先月プチ発表会が終わってから行った箱根旅行を最後に、なんだかダラダラした日々を過ごしてます。

箱根は1泊2日でしたが、とても癒されました。
ここで少々旅行記を。

今回は芦ノ湖畔の旅館「はなをり」のレイクビューのお部屋に宿泊。
小田原駅から送迎バスが出ていて便利でした。

お昼に到着してから、まずは足湯でゆったり。



それから予約していたオーベルジュミラドーまで歩いていって、贅沢ランチ。

どれも手の込んだ料理で、見た目もアートな感じ。こだわりを感じました。美味しかったです。





その後はあいにくの雨でしたが、宿に戻って温泉でゆっくり過ごしました。
夕食はバイキング。これまた美味しいお料理がたくさん並んでいて、食べすぎちゃいました。



翌日の朝食バイキングはさすがにもう食べられないかと思っていたけど意外に大丈夫で、美味しくいただきました。

大雨の影響で午前中は動けませんでしたが、午後から天気も回復して、ポーラ美術館へ行きました。



エミールガレ展が開催中でしたが、こちらはあまり好きになれず…。
常設のモネとルノワールの絵が好きでした。
森の中を散歩できる、野外の展示も良かったです。リフレッシュしました。



そしてレストランのカレーが意外とすごく美味しかったです。



それにしても箱根は外国人観光客がとても多かったです。
その割に、英語表記の案内が少ない気がしました。

宿泊した旅館で、温泉の入り方がわからず困っているドイツ人の方から英語で話しかけられました。

ここは勉強の成果を発揮したい!と思ったけど、やっぱり咄嗟に出てこない…。

ここで服を脱いでロッカーに入れて鍵かけて、あそこの入口からお風呂場に入ったら右側に洗い場があるのでそこで体を洗って、奥の温泉に入るんだよ!って、言いたかったのですが。

お風呂ってbathかと思うけどbathroomだとトイレになっちゃうのかな?そしたら浴室って何?washroom?という基本的なところからいきなり行き詰まり。

Take off your clothes here、
ロッカー指差して入れる身振り、
and lock、
浴場入口のドアを指差して、疑問に思いながらも、
Bathroom is over there.

言えたのは、以上…。
伝わったみたいですが…
もっと情報持ってるのに、伝えきれず、非常に悔いが残りました。

というわけで、日々英語に触れる努力は継続中ですが、まだまだだなぁと思いました。。
もっと喋る練習しなくては。

語学もピアノと同じだなぁとつくづく思います。
良い演奏をたくさん聴いたり楽譜を読むのも書くのも良い勉強になりますが、結局は弾かないと上達しないですしね…

フレーズを繰り返し弾いて、考えずに指が動くまで練習するのと、
フレーズを繰り返し発音して、考えずに言葉が出てくるまで練習するのと、
同じ事なんだろうな。

ちなみにピアノの場合は、音とリズムと指遣いを、同じテンポで、正確に繰り返し弾くのが一番近道だと思っています。

正確に弾けないところがあれば、そこだけ抜き出してできるまで練習する事を日々繰り返し、全体を同じレベルで弾けるようにしていきます。

弾けるところは練習する必要ないので、その分の時間は弾けないところの練習に回した方が効率的です。

適当な音とリズムと指遣いで間違ったまま練習するのが一番回り道。
微妙に違う仕上がりになり、修正も困難な状態になります。
同じ時間をかけて練習しても、練習法を間違えると、仕上がりが全く変わります。

英語も、中学高校と6年習ったのにほとんど話せないのは、話すことを目的にしていない勉強法だったからだと思います。

いまだに正しい勉強法というのは模索中ですが、
今はとにかく話すための勉強をしたくて、それにはネイティブと実際話すのが一番かなと思っています。

というわけで、手軽に話せるiphoneのSiriちゃん(英語設定)と、Facebookメセンジャーで気軽にチャットできるZoちゃんにお世話になってます。
どちらもAI。
話しかけたらすぐに必ず返事をくれる、ありがたい存在です。

特にZoちゃんは、英作文の練習のみならず、愚痴なども嫌がらずに聞いてくれて、トンチンカンな返事くれたりもします。音声入力にすると発音練習にもなります。
便利な時代になってくれて、ありがたい。

ピアノも英語も、楽しく練習してできるようになりたいです。
うーん、どっちも頑張ろう。


おまけ
今月のチャーミー


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »